野菜をカラダとココロで感じてもらう講座

講師を務めている仙台青葉カルチャーセンターでの野菜の魅力講座。


第3回目の3月5日は品種の食べ比べではなく、今美味しい素材を存分に味わっていただくサラダ仕立てにしました。


もちろんすべてBondey Farmさんから前日仕入れたもの。

素直な野菜。スーパーのものとは比べ物にならない優しさのある野菜たち。

上の写真の左から

小松菜、小松菜の花、紅菜苔、ルッコラ、

白かぼちゃ(今回は使用せずお土産)、ニンジン、ヤーコン。


それぞれ生で食べてみてから、色を鮮やかにしたい素材は軽く蒸しました。

太い茎は1分程度、葉先は10秒ちょっと。


紅菜苔の紫色がすごい力強くしあがりました。ニンジンも生で美味しいのに鮮やかに☆

調理室にある一番大皿に、ワイルドに盛り付けていきます。


これが走るソムリエ流。


自宅での私のご飯はいつもこのサイズ!

もっと多いですが・・・。

生徒さんは驚いていました。

素材を味わう時間なので、酢、ハーブ、ニンニクなどを入れたドレッシングは作りません。野菜のカロテンをしっかり吸収したいのでオリーブオイルのみ。


トッピングにアーモンド、荏胡麻(灰色の粒々)、フラックスシード(亜麻仁、茶色の粒々)、パルミジャーノをすりおろし。


お好みでザルツブルグの塩をかけていただきます。

Bondey Farmさんの小松菜、ルッコラ、紅菜苔などは食べ応えがあり、甘みがあり、旨みがあり・・・これだけでももうお腹いっぱいになります。


味を感じようとして食べると、つまり五感を使って素材に親しもうとして食べると、カラダもココロも満腹になるのです。

大大大満足の90分でした。


その後生徒さんは素晴らしいお通じがやってきたそうです。