カリフォルニアキュイジーヌ満喫☆

2月23日の夜はwaterbarへ。
ロケーションが最高なのでサンフランシスコ初めての方にはぜひお連れしたい場所。その上お料理も最高☆現地のスマートな方々で溢れるレストラン&バー。
エントランスを入るとカリフォルニアワインがお待ちかね。お金があれば舌も堪能できますが、ドル高の上カリフォルニアワインは本当に高い!良いものは高い‼︎手が出ません。
午後6時過ぎには到着できたのですが、予約しないでいたらやはりテーブルでの食事は取れないとのこと。バーのカウンターならOKをもらい、最後の4席のうち2席確保できました。

生ガキの種類が豊富!魚料理がおすすめです。
私達(引率の先生とお出かけディナーです)は前菜とメインからそれぞれ2品選び、シェアしながら食べました。
上はblack bass carpaccio
黒スズキのカルパッチョの下には椎茸。スズキの皮のソテーもあしらって、カルパッチョソースには椎茸の出汁も使われています。
次のお料理はbaby beet salad
真ん中には山羊のチーズのコロッケ。そして赤とゴールデンのビーツ。グリルされたデーツ(ヤシの実)にピスタチオ。カラフルなプレート。それぞれがとても個性的でワインによく合う一皿。
メインはオススメされたgrilled whole branzino 
丸ごと一匹の魚のグリル。アサリとマッシュルームのソテー、リンゴのソテー、真ん中はマッシュポテトのような…でも質の高いもの‼︎

もう一つはpan roasted skrei cod
下にはシャンパン漬けのキャベツ、周りにはロブスター。濃厚なソースがたまりません。そしてこのロースト加減‼︎
デザートも2品選び、シェアしました。
一つはcoconut layer cake
ココナッツラベンダーソルベが最高☆
添えられたパッションフルーツ、ココナッツフレークのサクサク感。どれも計算済みですね!ブルーベリーソースも甘酸っぱく見た目よりも爽やかに口に広がるケーキでした‼︎
こちらは見た目は寂しいようですが、
Meyer lemon semifreddo
ブルーベリーマカロンでレモンソルベをサンド。
これがまたたまらないのです‼︎選択抜群でした☆
担当のサーバーさんからデザートワインをサービスいただきました☆甘過ぎずシアワセな一杯でした‼︎
デザートだけでも優雅なランチが食べらる値段。
前菜一皿ランチコース。メインに至っては贅沢なディナーコース並みの値段。それに15〜20%のサービスチャージをつけると恐ろしいお値段です。
でもサンフランシスコではこういうレストランがたくさん溢れています。
本当のカリフォルニアキュイジーヌを楽しむには投資も必要!あっ今回はご馳走になりましたが…。
最高の夜景とともに写真をたくさん撮ってくださった素敵なウェイターさん。
最後までありがとうございました!
そしてご馳走してくださった先生!
本当にありがとうございました♪♪