いわきサンシャインマラソンで食べたもの

出発は午後2時。

それまでに炭水化物、野菜・果物などをしっかり食べておきました。


夜は仲間といわきゆもとで飲食店を探して・・・珍道中の末たどり着いたのがこちら。「ちゃぼ」さん。

キジ料理が並びます。

私は欲張ってキジ重に焼き鳥、つくねがついたセット。

炭水化物はすでに補給できていたので、やや不安だったタンパク質を多めにしました。

キジは鶏肉に比べて柔らかく脂肪分も少なくて食べやすかったです。

調べてみるとやはり鶏肉よりも脂肪分が少なく高たんぱくです。

なおかつカリウム、マグネシウム、鉄、ビタミンD、ビタミンB群など総じてキジの方が多いようです。これは良かった!もちろん鶏肉の方が優れている栄養素もありますが、それは焼き鳥とつくねでカバー。
漬物、味噌汁からも塩分補給、発酵食品の力も借りて珍道中でしたが質のよい食事が取れました。

朝食は持参したものと買いだしたものを。

特におすすめはおこわです。

この1パック(小さな塊3個)で炭水化物が93.7gも取れます!

他にいただいた豆大福、バナナから主に炭水化物を。

皮まで食べれるキンカンは元気の素。

朝食に果物がないと1日が始まりません。

そしてヨーグルト。

持参したレーズン、クコの実、アーモンド、カカオニブと一緒に食べました。

そしてスーパーで目を引いたこの納豆。

迷いもなく買いました。

なんと130g入り!

最近は40g×3個パックも多いので、それを上回るのです!

持参したマイソルトでガッツリ食べました。生卵があれば美味しかったでしょうけど、ここは我慢。

納豆は食物繊維が気になりますが、スタート4時間前ですので消化・吸収、排泄には十分でしょう。

レース後は表彰式の待ち時間、降り続ける雨で私たちは近くの施設で雨宿り。

頼りになる男性陣が車を取りに行ってくれました。

みなさんで合流した後はお疲れ様の海鮮丼。

私は鉄分補給も踏まえたまぐろ丼温玉付き。カニ汁が体も心も温めてくれました。

食事講座でもいつも伝えている「ラン後は炭水化物の補給とタンパク質」これならバッチリです。



走り切った仲間と食べるご飯。

何よりもご馳走ですね☆

2日間一緒に過ごさせていただいたランナーさん。本当にありがとうございました♪

楽しいいわきへの旅。

もう1泊して温泉と慰労会ができたら最高ですね。