第34回大阪国際女子マラソン 

3時間3分54秒でした。

 

大会2週間前は1kmすら走れず、1km歩くことも痛くて辛かったのに42.195km走り切りました。自分でも信じられません。

 

前日友人と大阪入り。一緒にランチをしていても、受け付けに着いてきてもらっても(友人は大阪シティハーフに参加です)気合いも入らず、正直走れるとは思っていませんでした。

受付時間に合わせて関西の大好きなお兄ちゃんが会いに来てくれて、このプレゼント。嬉しかったです。

会ったときは、もう泣きの思いでこの痛みの対処法を教えてもらいました。

実は前日の左足は足裏から腰まで堅く張って、とても走れるような状態ではありませんでした。
その上動かない左足をかばっていた右ひざにも痛みが出て、駅の上り下りでも感じていました。「ここまで来て何しているんだろう?」悲しくなりました。

関東在住の方も応援に来てくださり、受け付け時間に合わせて激励をしてくれました。

アウェイでも私のために時間を作ってくださった方がいる・・・。


一人ホテルに戻り、レースの準備。

スペシャルドリンクのボトル作り、IDの貼り付けなど、いつもなら張り切ってやるものも、力が入らず寝る前に行いました。

「本当はスタートすべきではないのかな」「悪化したらどうしよう」そればかり。

でもしっかり食べましたよ。
朝も栄養面だけはしっかりと。


駅のホームで長居に向かう時、ズキッときました。

控室でもテンション上がらず、とりあえずアップだけしようと。
走ってみたら痛みはまだなし。

過去5回出場の中でこんなに天候のよい状態なのに、自分の状態が悔しくてたまりませんでした。とりあえずペースは押さえて走り、痛んだら即棄権と決めました。

12:10スタート。

競技場2周して場外へ。

抑えていきました。

4分20秒目安に走ると決めて。


いつもなら一緒に走っていく集団もすでに前へ。どんどんペースを上げていくランナーを見送りながら自分のペースで。


この2か月間。右足首の腫れ、左足裏の痛みでトータル250km弱しか走っていません。6~7kmですでに足の動きが・・・

重い体と走れていない足との相談。

「いつ辞める?」ばかりを考えて、ハーフの選手とのすれ違い。
「○○○さ~ん!」元気ぶってみる。

「大丈夫?」

「今のところ行ける!」と大きな声で自分を鼓舞しました。

15kmスペシャルを取ったあと、ついに痛みがきました。まだ弱い痛み。

痛みが増したら辞めようと決めて、そんなことばかりを考えて走っていました。この金のトマトのパワーを信じて。

18km辺りでしょうか。関西のお兄ちゃんが大きな声援を送ってくれました。

「せめて心斎橋の折り返しまではいきたい」そう思い直しました。


御堂筋に入ってトップを走るガメラさんを横目でみて、足は重いけど周りのランナーと一緒に折り返しへひたすら。でも無理はできず、ついて行かずに自分のペースを守りました。

長い直線。折り返した選手を眺めながら。

折り返してからは痛みもあまり感じなくなり、「お兄ちゃんがきっとまた待っていてくれるから、そこまでは行こう」と。走っていないことの負担が出てきた区間でした。


そしてようやく叱咤激励。

「そうだ、ゴールまで走ることを考えなくちゃ。まずは30kmまで行こう」

目が覚めました。

ここまできたのに止めることばかりではいけません。

痛くなったら止めるけれど、痛くなければゴールまでいつもの笑顔ランで行こう。


そう思えたら少し楽しくなりました。

足はどんどん重くなりましたが、ペースダウンもそんなになく30km地点へ。


ここからが大阪の勝負。

いつもならエンジンかけるところ。

今回は現状維持で無理せずに。淡々と走りました。
ここまで走れたことへの感激で涙ぐむ瞬間もありました。
走れても15kmだと思っていたのですから。
今ではゴール目指している・・・。


気付けば35km通過。

38km通過。落ちてくるランナーを淡々と追い越しながら。


ここまで来るとハーフを終えて待ってくれているだろう友人を思い出し、41km辺りで見つけました。

「走れたよ!」思わず嬉しくて声かけました。本当は大阪でもサブスリーをするところをお見せしたかったですが、無念の走り。でもここまで走れて大満足です。

この辺りからはものすごい沿道の人垣。

大声援に感謝しながら競技場を目指します。

競技場に入ると大画面にリザルトが。

優勝はガメラさん。オメデトウ!3連覇。

しかもタイム22分台。
そんなことを思いながらコーナーを曲がって、自分もゴール。

走り切った自分を褒めたい、そう感じたゴールでした。

いつもなら余韻に浸りながら友人とおしゃべりタイムですが、今回はササッとウエアを羽織って退場。すぐにホテルに向かいました。一刻も早くケアをしようと思ったのです。

パーティーまでの間にできることをしようと。

せっかくゴールしたのにその後のケア次第で足を台無しにしてしまっては・・・。

おかげで全く痛みも出ずに、むしろ走ったことで何かがすす~と良くなり腰もお尻もハムも固まっていたものがなくなりました。


どうやらフルマラソン走って治ったようです。

そこが私らしいような。


でも今後もケアを怠らないようにしようと思います。