年末年始のお買い物リストに「かぶ」

26日の仙台mamaカレッジの講座でカブについてお話しました。


とくにこの葉には栄養がたくさん詰まっています。ぜひ捨てずに全部食べていただきたいです。


詳しく栄養素をみてみると、年末年始の食事に合わせてあげると良さそうなビタミン・ミネラルが豊富なんですよ☆

葉は緑黄色野菜です。

豊富な栄養素を食品成分表を参考にみてみましょう。(100gあたり)


カルシウム    250g (牛乳200mlあたり200g程度)

カリウム     330g (バナナ1本90gあたり320g)

鉄        2.1g (あさり100gあたり3.8g)

カロテン     2800μg

ビタミンE    3.1mg (アーモンド10粒4.7mg)

ビタミンK    340μg (納豆1パックに相当)

ビタミンC    82mg (レモン1個97mg)

ビタミンB1,B2,ナイアシン、B6,葉酸、パントテン酸、ビオチンも豊富


カリウムは筋肉の収縮やナトリウムの尿中排泄を促します。

塩分の濃い食事が続く年末年始には積極的に摂りたい栄養素。むくみ防止にも効果が期待できます。


鉄は赤血球を作り、酸素を運搬します。だるい、疲れを感じる方は鉄不足かもしれません。


カロテンは強い抗酸化作用があります。また体内で必要に応じてビタミンAに変わり、皮膚粘膜の保護する働きがあります。風邪・ウィルスから体を守るためにも必要です。


ビタミンEはビタミンA、Cとともに強い抗酸化作用があります。また血行促進するので、冷え性の方にもおすすめです。


ビタミンKは血液凝固やカルシウムの骨への沈着を促します。骨粗鬆症予防のためにもカルシウムとともに意識したいビタミンなのです。


ビタミンCは抗酸化作用、コラーゲンの合成(シミ・シワ予防、傷・やけどの治り促進)、抗ストレスホルモンの合成の働きもあり、ストレスを感じるときはたくさん摂りましょう。

摂り過ぎても水溶性なので過剰症の心配がありません。


ビタミンB群は糖代謝、脂質代謝、タンパク質、アミノ酸代謝などにかかわる酵素の補酵素として働きます。食べたものをエネルギーに変えるためには必要なもの。食事の際はいつも意識したいビタミン群です。

おせち料理は砂糖や塩分をたくさん使って作られています。

そしておもちもたくさん食べるこの季節。


かぶの葉はかなり有効だと思いますよ。


そして根にはでんぷんを分解する消化酵素アミラーゼが含まれています。

生で食べてください。

おもちと一緒にすりおろしたかぶを添えるなんて理に適っていますね。


年末年始のお買い物リストに「かぶ」いかがでしょう?