冬瓜

冬瓜(とうがん)

ウリ科

夏に実がなります。
私も夏の終わりに買いました。

そしてそのまま保存。

そうです。冬までこのまま保存できる優れもの。冬瓜。

丸ごと1個買ってしまうと調理が大変です(使い切るまで・・・)。

ついに本日入刀いたしました☆

今日は手羽元がお安かったので、一緒に。

まずはルクルーゼで手羽元を両面焼き色がつくまで炒めます。

冬瓜は皮とワタをとって食べやすい大きさに切って、お鍋へ。

蓋をしてじっくりと火を通します。

蒸し焼きの状態ですね。

今日はどんな味付けにしようかな~と迷っていたので、とりあえず少量の水と料理酒で煮込んでから、最終的には日本人の心=醤油とみりんなどであまじょっぱい味に落ち着きました。

煮絡めた感じです。


冬瓜が透明になって味が染み込んだ感じがたまりません。

食感もトロトロです。

冬瓜はカリウムが多く、昨日塩の食べ比べで多量の塩分を摂りすぎて浮腫んでしまった私には最適な野菜です。余分なナトリウムを排出して血圧を正常に保ってくれます。
中国では皮やタネに利尿作用や解毒作用があるということで、生薬として使われてきたようです。この堅そうな皮も炒め物にできるし、なんとワタも汁物の具などに使えるそうです。


まだ半分残っているので、次はワタを利用してみたいと思います。


トロトロの冬瓜。

とっても美味しかったですよ。