地域食材試食研修会

午前の小学校での食育講座を終えて、すぐに車で地域食材試食研修会に駆け付けました。

一堂に集まった食材は109種。

13種以上のりんご、洋ナシ5種、イチゴ、ブドウなどの果物や、米、そば、きのこ、カボチャ、イタリア野菜などたくさんの種類の野菜、加工品などなど。


お昼を抜いてきて正解でした。

写真はミガキイチゴ。とってもジューシーで甘味も十分。このシャンパンも!

初めて聞いた品種の洋ナシもありました。

生産者さんのご説明とともに、順番に味わいました。

それぞれに特徴があり、シャリシャリ感があるもの、とろけるような食感のもの。香りが口の中に広がるもの、加工にも向きそうなものなど。

お気に入りものものはついお替りもしちゃって、最初からこんなに食べて大丈夫かしら・・・?

こちらは山元町で作っているそばです。

辛味大根の紫も美しく、そしてこの辛味が最高でした。

そして予想以上にお蕎麦が美味しく(二八だそうです)、こちらも止まらずお替り。

帰る前にも食べに行きましたので、合計4杯。
ご馳走様でした。

こちらは丸森産のヤーコンの加工品。

ヤーコンはあっさりしていて、特徴のある野菜ではありませんが、それがまた加工しやすいのかもしれませんね。

日本人の喜ぶ味、甘じょっぱいもの、酢漬けの酸味、そしてローリエと漬けた洋風とどれも美味しかったです。


ヤーコンとおからで作ったかりんとうやヤーコンを利用したドレッシングも美味しかったです。

名前が凄すぎて、本当?と思ってしまいましたが、食べて納得。

けっさくのトマトでした。

甘い、果肉たっぷり。食べて大満足のトマトです。

隣にはナスの美男もありました。こちらもまるでデザートに感じるほどのナス。

トマトとナスでデザートになりそうなほどなんです。
この試食会に参加できて幸せ♡

そしてこちらをご紹介しないといけません!

ぽろたん。
栗です。

名前の通り、ぽろっと皮をむくことができます。本当に凄いのです。

そして写真右にある甘露煮。

絶品です。

どれだけ食べたことでしょう。

ここでお腹をいっぱいにしてしまったといってもいいくらいです。

そして牛肉評価も参加しました。


米を飼料に加えて育った牛肉とそうではないものとの食べ比べ。

AかBかどちらかは知らずに食べて20近い質問項目に答えるもの。


黒毛和牛とのことです。

今後このような形で育った牛肉を目にかけることが出てくるのでしょうね。

大好きなリンゴも13種以上も食べました。
こうとく、シナノゴールド、はるか、ぐんま名月、もりのかがやき、こうたろう、きたろう、スリムレッド、星の金貨、あいかのかおり、サワールージュなど。
はるかはさすがの糖度でした。食べ比べるとどれも特徴があり、甘みが強いもの、酸味があるものなど色々。


ブドウもシャインマスカットにオリエンタルスター。どちらも美味しくて止まりませんでした。

久しぶりに会うことができた野菜ソムリエの先輩方。みなさん本当に楽しい方ばかりで、終始笑いの絶えない時間でした。

食べて満足!笑って満足!

実は初めて食べたはっと。

食わず嫌いなわけではありませんが、仙台に来て12年目。ようやく。

汁の味も最高でした。


立派なイタリア野菜も並んでいて、目でも舌でも楽しんだ時間でした。