ETジュニア陸上クラブでの食事講座

11月30日は山形県の西川町にてETジュニア陸上クラブの練習会&走るソムリエの食事講座を行いました。

小学生から中学生までとその保護者、計59名のご参加です。

子供たちはグラウンドで練習。

ドリル、300m×7インターバル
その間にお母様方と昼食作りをして、練習後にみんなで一緒に食べるという企画。

ちょうど前日も1500mのレースを走った子もいましたし、練習後の食事ということで、テーマは【疲労回復】にしました。


山形の旬の食材を伺って、白菜、大根、柿を使ったメニューを考案。

・鶏むね肉と白菜のあんかけ丼ぶり

・大根と柿の甘酢漬け


生姜を加えたあんかけで体も温まり、どんぶりにすることで食も進みます。

最近は牛肉、豚肉がやや高く感じますが、鶏肉は比較的安定。むね肉は家計にも優しい上、脂肪分が少なく高たんぱく。そしてむね肉にはイミダゾールジペプチドという疲労回復物質も含まれています。

もも肉のジューシーさに比べてパサついて不人気なむね肉ですが、あらかじめ塩糀に漬けておくと旨みが増すうえに食感もよくなります。ということで塩糀を持っていき、たっぷりと漬けて置きました。

大根と柿の甘酢漬けは大根3本と柿15個ぐらいを使用。どちらも薄切りにして、大根は塩まぶしてしばらく置いてから、甘酢で合えました。
我が家に余っていた大根の葉も持っていき、みじん切りで加えた彩りがよくなりました。こちらは合えて食べる直前まで冷蔵庫で保存。味が馴染みます。


大根のビタミンC、柿のビタミンAとC、そして酢。疲労回復に最高です。デザート感覚で女の子達に大人気でした☆

60人分以上のものを作りましたが、手際のよいお母様方20名もお手伝いをしてくださり、あっという間でした。

大きなお釜2個、あんかけの鍋3個、甘酢の鍋1個がドドーンと並ぶと迫力ありです。

みんなたくさん食べてくれるかな~?


皆さんが召し上がっている時間を利用して私の食事講座をさせていただきました。

疲労回復のための食事。これは日々すぐに実践できる内容です。

練習後はどのようなタイミングで、どのようなバランスの食事がよいのか。

重点をおきたい栄養素などをお話いたしました。

この日は300m×10本の予定が時間の都合で7本になりましたが、みんな設定タイム通り走れていましたね。私も一緒に走らせてもらいました。

私は一緒に走って練習を理解して、その上で食事講座をしたいと考えています。その方が子供たちも私の話を真剣に聞いてくれますから。

冬は遠征が続くようです。

実績のある監督の下、メキメキと力がついているようですから、あとは食事でしっかり体を作って睡眠をたっぷりとって、ここぞ!という時には自分の力を発揮できるようになってくださいね☆

応援しています。

お母様方にも食事に興味をもっていただけたようで、ぜひ今後も第2回、3回と続けられたらと思います。

金子監督のブログはこちら