1days to 横浜国際女子マラソン

マラソン大会前になると思うこと&自分が実践していること。

 

スタートラインに立つときには必要な栄養素で体が満タンに満たされていること。

 

腸が元気100%であること。

 

それが楽しむためそして笑顔でゴールするための条件だと思うのです。

体重を落とせば確かに速くなるかもしれませんが、食事の量を減らしての減量は必要な栄養も削っているかもしれません。それでは体が悲鳴をあげてしまいます。

これはマラソンに限らず健康のためにも言えること。
栄養のバランスが取れていないと体が効率よく機能しなくなり、元気な日常生活が遅れません。美・健康・若さを求めるためにもバランスが大切なのだと思うのです。

そのためには生きた食材の「足し算」方式の食事で。

添加物・加工物・精白されたものの「引き算」方式の食事で。


私は肉でも魚でもサラダでも、栄養が足りないものをプラスするお皿を作ります。
胡麻、海苔、小魚、チーズ、キヌア、オリーブオイル、ハーブ、ナッツ、ドライフルーツなどなど。
全て栄養が詰まったもの。それらを加算方式で。

そして生きた食材を食べていれば腸も元気です。
腸が元気だとお腹に力が入り、体が動きます。これはどのスポーツでも同じだと思うのです。


2014年もたくさんのマラソン大会を走ってきました。そしていよいよ集大成の横浜国際女子マラソン。
いつものような走りで笑顔のゴールをしたいと思います。
あと1日。食べて調整します。