天童ラ・フランスマラソン大会 2連覇☆

昨年に続き、紅葉綺麗な天童を走ってきました。

今年は気温上昇、前日の雨による湿度も高く、その上緩急さまざまな坂が待ち受けるこの難コースは本当にハードな大会となりました。


私にとってこの大会は横浜国際女子マラソンの前の刺激練習の場。

昨年も良い練習となり、横浜での後半はこのレースを思い出しながら励みに走りました。

今年もしっかり走って、横浜につなげたい!そして優勝してラ・フランス1箱いただきたい!その思いで参加しました(笑)


金・土曜日と疲労がたまり完全休養。走らずに過ごしていました。まだ違和感が残っていましたし、アップの際もゆるゆるペースなのに心拍がいつもより高く、正直心配でした。貧血かな・・・と。
とりあえず持参していた栄養補給物を時間を計算しながらすべて体内に取り込んで、スタート。


走り出せば貧血の不安はなくなりましたが、上りがずっと続くのでペースは上がってきません。


いつもポケットにブドウ糖とキャンディーを入れておくのですが、通常は1つなめるかどうか。

でも今回は5kmで早々1つを口に。

それくらい暑さと上りで疲労していました。


第1折り返しの12~3kmあたりでも2個めを投入。この塩分と糖分で残りを走りきれたようです。


通常なら給水も水を好むのですが、この日はスポーツドリンクを飲まないとこの先大変かも・・・と感じるほどでした。

おかげで集中力も途切れることなく、坂にも負けずに走りきることができました。


いつも思うのですが、自分はコレ!といつも同じものを同じ量摂っていても、その日のコンディションで体が欲するものは異なってきます。

そのイレギュラーにいかに対応できるかがマラソンを走りぬくためには必要なんだと思います。

今回はポケットに残ったままゴールすることなく、持っててよかった~と感じました。

そして今回は折り返しコースのありがたみをひしひしと感じました。

普段は私が元気に走っている姿をみて、パワーをもらいましたよってお声がけいただきますが、この日は私も皆さんからたくさんのパワーをいただきました。


特に第1折り返しの後、今日は後半ペース落ちちゃうかも・・・?と弱い考えがグルグル頭を回っていましたが、たくさんの「堤さ~ん」の声に目が覚めました。

私は自分のために走っているのに、「堤さんの優勝がみたいんだよ」って言ってくださったお言葉を思い出して、しっかりしなくちゃ~!って。この程度でへたばっていたら横浜で自分に負けちゃいますから。

おかげで最後まで粘り切り、ゴールすることができました。


ゴール後すぐに駆けつけてくださった運営お手伝いをしていたIさん。

DNSなのに「堤さんのゴールが見れてよかった」と言ってくださった方。

FBで繋がっていて「やっと会えた~」と声をかけてくださった方々。


本当に頑張ってよかったな~と思えた大会。

しかも今年は優勝にお米はもらえませんでしたが、なんと温泉宿泊券をいただきました☆


温泉♡な私には最高の副賞です。


いつ行こうかな~。楽しみです。