引き算ではなく足し算で

食事。
食べ過ぎは良くないですが、カロリーばかりに目がいっていませんか?
これは太る、あれはカロリー高いと削除する食べ方をしていませんか?
引き算をしていると大切な栄養素も削除され、体の中では枯渇してしまいます。
糖質カット、糖質オフは大切なエネルギー源を取らないで自らの体をひ弱にしてしまいます。
これは痩せるかもしれませんが、健康的な痩せ方ではありませんよね。

またお菓子や炭酸飲料でお腹を満たしてしまい肝心な食事を抜いてしまうのも、ビタミン・ミネラルが欠如して体内では効率的な代謝ができません。
口や舌が満足しているだけ(心も甘いものを食べているという満足感だけで満たされているだけ)で、体の中は糖質・脂質に偏ったものばかりで、ビタミン・ミネラルをちょうだ〜い‼︎と悲鳴をあげていることでしょう。


食事は足し算。
どんどん追加で加算していく方がより健康に結びつくのではないかと思います。

目の前のお皿にあと何を追加したらより栄養バランスが整うかを考える。
足りないもの加える。
1回の食事で糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が揃っているかどうか。

比重の少ないものは次の食事でカバーする。
間食に取り入れてみる。

常にバランスよく満たされていると体が中から元気になり、元気になるとポジティブになり、心もHappyになる♪
それが周りの方にも波及する、伝染する。
だからこそ食事は引き算てはなくて、足し算であるべきだと思います。

足すものは添加物のない、自然の生きたもの。
野菜、果物、肉、魚、卵…など。
調味料やオイルも。

そういう食事をいつもして行きたいと思っています。