夏合宿 in 坊平高原1日目

昨年に続き第2回目の夏合宿を山形県の坊平高原で行いました。

 

1日目は男子中学生2名も日帰り参加してくださり(昨年に引き続きありがとうございます)、女子高校生&大学生、社会人と今年は少々若返った初日となりました。

 

午前中は軽くクロカンコースでフリーJOG。
初日からアップダウン激しい3kmコースを何周もする方も・・・。

お昼は芝生の上でピクニックランチ。

今年は走るソムリエがランチを持参しました。

 

メニューは

・ゲンキナ(雲南百薬)の生とお浸しの食べ比べ

・丸ごとトマトの丸かじり(ハーブ塩)

・ゴーヤチャンプルー(塩糀仕立て)

・獅子唐のナンプラー漬け

・大葉と生姜と白ごま入り雑穀おにぎり

・ジャガイモの冷静スープ(レンティル入り)

 

ゲンキナとは雲南百薬(オカワカメ)のことです。
かわいいスペードの形をした葉には驚くべき栄養素が含まれています。

ツルムラサキの仲間なので葉は肉厚で緑が濃く、さっとゆでるとヌメリがでます。

艶々としたヌメリが出るところがワカメに似ているのでオカワカメと呼ばれるようです。

マグネシウム含有量が非常に多く、亜鉛、カルシウム、銅も多く含まれています。

ランナーにとってはマグネシウムは汗とともに失われやすく、そのため痙攣を起こしやすくなります。カルシウムとともに骨の形成にも関わりますしとても重要なミネラルです。亜鉛は細胞の生成にも必要で、タンパク質合成にも関わり、活性酸素を除去する作用にも関わっています。

と聞けば食べないわけにはいきませんよね。

生のままでは苦味があるのですが、茹でたものは苦味が全くなくなります。

ヌルヌルするだけで、どんな味にもなじみます。

今回は納豆のタレを数袋持参してかけました。

茹でても葉がプルンと開いたままなので、何かを巻いて食べることもできます。

 

トマトのリコピン、ゴーヤや獅子唐のビタミンC、おにぎりやジャガイモからの糖質、ゲンキナのたくさんのミネラルをいただき、満腹のお昼休憩。

 

足型測定やソラーチで中足骨をほぐしてから、いよいよ午後の本格的練習がスタート!今年はクロカンコースを使った10分追い込み+20分レストジョグの3~4セットがメニュー。男性陣はしっかりとメニューをこなしたようです。

 

 

頑張った後は天然のアイシングタイム!

昨年は足を浸かる場所がありましたが、今年は水の量が少なく濁っているようでしたので、こちらを利用しました。

冷たくて、冷たくてすぐに感覚がマヒしてしまいます。

男子中学生はハードな追い込みをしたようで、頭からかぶっていました!

最後に差し入れで持ってきてくださった尾花沢産のスイカをみんなでガブリ!

頑張ったあとのご褒美は格別ですね☆

皆さんお疲れ様でした~。

お楽しみの夕食は・・・

昨年も体重増加警報が発令されましたが、今年も発令されました。

合宿とは思えないナイフ&フォークがならぶテーブル。

ラムにチキンにお魚にとたっぷりタンパク質補充ができました。