San Francisco Marathon!

7月27日5:30スタート!遅くとも2時には起きたいな…と。
でも娘と過ごす最後の夜。
そう思ったら全く眠れずに。今回の旅は特別すぎて、初めて淋しくなりました。
いつもなら娘の成長のためなら何でも後押し。私の元から旅立つことは応援!
でも今回は…体も心もほぼ同じくらいに成長し、胎内にいた娘に語りかけながら歩いた坂を並んで歩いた特別の日々。
全く眠れずにスタートすることになりました。娘の5kmは7:35。私が走り出してから2時間以上後。一人残すことも心配でしたが、エリート登録ができてので、VIPパーティールームのパスももらえました。
レストランを貸し切ってあり、レース前とレース後の食事、トイレ、荷物預かりなど全てが専用!娘は大好きなクリームチーズとベーグルを頬張り、大丈夫‼︎ 行ってらっしゃい‼︎ と送り出してくれました。
さすがにスタート前のカウントダウンでは、初めて涙が頬をつたいました。
娘が生まれた街を走るなんて☆
第一ウェーブでスタート。
真っ暗の中Golden Gate Bridgeを目指して。
さすがに坂の街。坂を避けるようにコースができていると思っていましたが、かなりのタフなフルでした。連日朝から深夜まで盛りだくさんの日々、睡眠不足などもあり、キロ4分半〜5分ぐらいで楽しみました。
途中胃がキューとなってかなりペースを落としたり、腹痛、堅い路面&坂道の多さで右膝と左足首が痛みゴールまでが辛く長いレースでした。

それでも30km過ぎてからは『今、娘も5kmを走っている!』と自分を鼓舞し、ゴール後に一緒にメダルを下げて美味しいものを食べることを想像しながら走りました。
コーナーが多いし、アップダウンはあるし、痛みが増すし…で久々に3時間16分というタイムを出してしまいました。


今回の旅は娘を送り出すこと&大きくなった娘と街を楽しむことが目的でしたが、ちょっと遊び過ぎました。
ゴール後は娘とたくさん食べて、ゴール会場でもたくさん楽しみました。
何と言っても娘が一人で数時間待ち、5kmスタートでもたくさんの方と会話をし(yes or noのみだったようです)、マラソン大会をEXPOから終わりまで楽しんでくれたことが一番嬉しかったです。
娘は練習なしの初5kmでしたが、25分だったようです。