スタートラインには不足のない体で

仙台国際ハーフマラソン前もしっかり食べていました。

 

私にとって必要な栄養

タンパク質、鉄分、ビタミン・ミネラル

 

それらを徹底的にたっぷり取り込みます。

日頃からしっかり食べますが、特に1週間前はバランスよく。

 

こちらは鉄分強化の一皿。

ひじきと鶏肉、ニラ、エノキ、ニンジン、玉ねぎ、にんにくを塩糀で炒めたもの。

 

ひじきの鉄分は吸収率が低いので、タンパク質と一緒に。

そしてビタミンCも添えると吸収率がUPします。
この日はドリンクをレモン水で。

そして必ず2~3日前から食べるのがレバー。

バルサミコ酢で炒めたり、レバーの串を買ってきたり。

 

走っている最中に貧血を感じたくないので、必ず食べます。

 

仙台国際ハーフの1週間後には柏崎潮風マラソン(フル)を走ります。

ほとんど疲労は残っていないので、ご褒美食事をした後は、さっそく「不足のないように」しっかり食べる毎日です。

 

今日は疲労回復を目的としたニラをたくさん使ったメニュー。

他は家にあるものを何でも一緒に炒めただけなのですが・・・。

そしてもちろん忘れてはならない鶏レバーの煮物。

今日は買っちゃいました(笑)

 

明日は何を食べようかな~?
毎日それが楽しみでジョギングしているようなものです。

 

栄養素の何かが不足しているだけで、体の機能が潤滑にいかなくなり、頑張りたくても体が異変を起こしては納得の走りができるわけありません。

しっかり食べて、すべての栄養素を満たして、常にスタートラインに立ちたいですね。