原田さんの食事アドバイス 1か月の変化

4月1日から始まった原田さんの食事アドバイス。

1か月を振り返ってみました。

 

毎日彼女がつけている食事日記と練習日記を写真にして、それと夕食の写真も併せて送ってもらっています。

 

食事だけではなく、どんな練習をしてどんな体調なのかも教えていただくことで、必要な栄養や何を強化すべきかをアドバイスするためです。

 

 

食事アドバイスが始まる前

初めのころは「足りないな~」という印象でした。

それでもご飯に納豆・キムチ・卵などを乗せて栄養をプラスさせていたり、汁物も味噌に豆乳も加えている姿はさすが実業団経験だなと感じていました。

でもまだ20歳。これから頑張っていかないといけませんから、

・タンパク質を増やすこと

・緑黄色野菜を増やすことを当初はアドバイスしました。

彼女はすぐに実践してくれるので、わずか1週間で夕食がカラフルになりました。

 

朝食は時間がないにも関わらず、初めのころからバランスが良かったです。

基本はトーストですが、

アボガド、トマト、チーズ、スクランブルエッグ

ヨーグルト(グラノーラ、はちみつ、きなこ)

プルーン、カボチャサラダ

アーモンド、高カカオチョコなど。

 

私はいつも送られてきた画像を1枚にまとめて1日分をプリントアウトします。

 

そして食事の内容を、食材や栄養ごとに色分けして分析します。

 

初めのころは色が偏っていましたが、3週間過ぎたころからとてもカラフルになり、栄養バランスがとてもよくなっていました。

 

 

大会前夜の食事アドバイス

 

そして昨年11月以来の大会となる東北風土マラソン大会を迎えました。

彼女はハーフの部に出場。5月の仙台国際ハーフマラソンを見据えての練習に。

 

大会1週間前から「大会前に避けるべきもの」を伝えて、前夜の夕食はレース前の参考になる食事となりました。

大会の朝は計算しつくした時間に朝食。

避けるべきものリストに入っているものはありません。

 

しっかり食べてスタートに立つからこそ、最後の粘りもでる走りができたようです。

タイムも満足のようで、その日は会場でも風土(フード)フェスティバルを楽しんだようですよ。

 

 

ゴール後の電話では、

「夜はステーキにいって、しっかりタンパク質補給します!」とニコニコの声でした。

その日の食事日記をみてビックリしたのは・・・(笑)

〇○○6杯!

何かは内緒。

 

でも写真のカレーは3杯と書かれてありました。
写っていないデザートもあります。

 

もちろん頑張ったご褒美ですからね!

 

走るソムリエ 堤 佳子