華糀効果↑↑

開催している食事講座でも試食に華糀を出しています。

すでにお求めいただいた方からはリピートもいただいています。

 

私自身がこの華糀の栄養に魅力を感じてお勧めしているだけなのですが、リピーターさんのお声を紹介します。

 

常に内科に通って腸のお薬を処方されていたそうなのですが、華糀をスプーンに1杯そのまま食べることを続けているだけで、お薬が不要になったそうです。

また少し長く走ると脳のエネルギーが不足してフラフラしてしまっていたところ、走る前と走った後にスプーン1杯の華糀をなめることで、それもなくなったとのことです。

そのうえ、お通じもよく便秘知らずに・・・ということで、1,000gを2パックに420gを2パックすでにお買い上げです。

 

 

私は毎朝、ヨーグルトにきなことレーズンとクコの実を乗せて食べていますが、やはり快腸です。もちろん一緒に食べる果物の効果もあると思っています。

 

それ以外に走る前に小腹がすいている気がしたら、スプーンで舐めたり、凍らせておいてシャーベット状のものを甘いもの代わりに食べています。

 

おかげでお肌の調子がすごく良いです。

10代の頃はニキビができてもう鏡を見るのも辛いくらいでした。

脂性なので鼻もイチゴ状態ですけど、それでもここ数か月はお肌が柔らかくなり、弾力もでてきました。

メラニン色素の生成を抑える効果も期待して、ここ数年増やしてしまったシミが少しでも落ち着いてくれればうれしいのですが・・・。

 

写真左はご紹介したきなこバージョン。

真ん中は華糀とバルサミコ酢がけです。

右は華糀とフリーズドライのいちご。

 

先日は大好きな切干大根の酢の物に、華糀を使って作りました。

砂糖の代わりに。塩の代わりに塩糀も使用。

W糀の酢の物です。

ぜひレシピをご覧ください。