ドイツにて白ワインに浸る

私はワイン大好きです。

サンフランシスコ在住時は何もない週末は必ずナパ・ソノマのワイナリー巡りをしていたほど。

なのでしっかり重みのあるカリフォルニアのカベルネ・ソヴィニオンが大好きです。

 

でも今回の旅はドイツ。

ドイツなら白ワインを楽しもう!ということで、お勧めをいただくことにしました。

とはいっても最終日のみ。

 

こちらはローテンブルグの街で、先生とご一緒したランチの際にいただきました。

 

右側が私がオーダーした辛口。

左側が先生の甘口。

 

並々と注がれていました。

 

さてお供のお料理は、こちらのお店のおすすめメニューからチョイス。

 

私はレバーの串刺し。ザワークラフトの上にダイナミックに乗せてあります。

もちろん付け合わせはポテト。

ベーコンとバターの香りが広がり、とても甘いポテト。

 

先生は豚肉をベーコンで巻いて焼いたもの。
付け合わせのポテトは小麦粉と練って丸めて揚げたもの。


気づいたら私たちのテーブルも素敵な形でした。

 

のんびり時間を気にしないでランチを。

いよいよ明日は帰国という前の優雅な時間。

ここまで無事故できたことへの感謝。

 

ロマンチックな街ローテンブルグでほろ酔いとなりました。

 

そうそう肝心なワインのお味ですが、辛口しっかりしていて、一口ずつ飲み応えあり。満足の1杯でした。

 

夜はフランクフルトのホテルのレストランでさよならパーティー。

 

ワイン希望の方々とボトルをシェアして飲みました。

 

これもお勧めをいただくことに。

 

お昼のワインに比べたらあっさりしていて飲みやすいタイプ。

一緒にシェアした方々も気に入ってくださった様子。

そして2時間におよぶパーティーの後は、学生さんとバーへ。

学生さんもこういうバーは初めて!とのこと。

ワクワクしながら入りました。

 

生歌もあり大人の雰囲気。

彼はマジックもしてくれました。

驚きの技でしたが、でもきっと簡単なのだと思います。

 

ドリンクメニューも豊富でみんな選ぶのが大変!

訳してあげながら、みんなそれぞれ試したことのないものに挑戦。
最後の夜に大人の冒険です。

 

私は・・・このタイトルの通り、白ワイン。

この日はとことん白ワインで通しました。

お昼の1杯が一番おいしかったかな~。