ヘモグロビン5.6

 

娘が幼稚園に通いだした2004年春からランニングを始めました。

2009年4月に初優勝してから、現在147勝

2017年は年間グランドスラムを達成しました。

(※年間グランドスラムとは、フルマラソンで3時間切り、ウルトラマラソン(100km)で10時間切り、富士登山競走山頂コース4時間半切り全て達成のこと。)

 

陸上経験のない私が33歳から走り始めて、ジョギングスタイルだけでこれまでやってきました。

インターバル練習をしたのはまだ覚えている(数えられる)回数です。

私にとってはランニングは気分転換の楽しみです。苦しい練習はしません。

 

食事も、ある時までは好きなものしか食べない生活を続けていました。

 

しかし、2007年11月のある大会にてありえない状態になりました。

スタートから全く力が入らず、どんどん追い越され、みるみるうちに後ろの方に。

ハーフマラソン大会でしたが、5㎞通過時点で一番最終ランナーになり10㎞で棄権しました。

翌日内科にて検査をして、重度の貧血(ヘモグロビン5.6)と判明。

それから鉄剤を処方される生活を3年続けましたが、鉄剤に頼るのはやめようと決心して、栄養について学び食生活を大改善しました。

 

次ページにて、偏った食事と改善した食事についてお伝えします。