JAL ホノルルマラソン 2010

2010年は一関国際ハーフマラソン大会で優秀選手賞をいただき、ホノルルマラソンへ派遣してもらいました。

娘も同行し、両親は2度目のホノルルマラソンなのですが、別のツアーで来て一緒に走りました。


エキスポは他の海外の大会に比べると簡単なもので、時間が必要なほどではありません。

ゼッケンなどを交換する程度で特にショッピングが楽しいという印象がないです。

朝5時スタート。

ホテルを出発する2時半ごろは寒かったので配られたレインコートを着て保温に努めていました。


そうです!朝早いので朝食は12時ごろ取りました(笑)

私はどんな大会であれ、ホテル出発2時間前にご飯を食べますので、12時です。

前日は夕方から寝るように努力しましたが、10kmウォークの娘が一緒では眠れず(まだ当時は9歳)、ほとんど寝ないまま過ごしました。

ですので、走りは散々。

5時の花火とともに華やかにスタートしましたが、真っ暗な道で突起物も多いので注意が必要です。

それでもクリスマスデコレーションを楽しみながら走り、ダイヤモンドヘッドあたりに着た頃にはすでにいつも以上の疲労があり(その前かな?)、エネルギージェルを加えました。本来ならば苦手な甘いジェル。私には大量の水が必要なのですが、この時はそれよりも補給補給と思って、なめながら走っていました。

案の定、15~16マイルのぐるりと回るあたりではもう疲れ切っていて、日本人ツアー用の応援に(私はグループではないけれど)励まされて我慢の連続でした。日が昇り始めたので、そのパワーをもらうよう自分を鼓舞して走ったのを覚えています。

復路で父親とすれ違い、エールを交わしてそこからはギアチェンジしたつもりです。

「かなり疲れていたね」と父親に言われるほど重い走りだったようです。


ダイヤモンドヘッドを上りきって、その後の下りが疲れた記憶があります。ゴールまでの直線も長く感じました。

タイムは3時間18分17秒 総合21位 年代別4位

何とも不甲斐ない結果でした。
それでも母と娘は楽しく10kmウォーク、父親も2度目のホノルル完走と親子3代で楽しみました。

この時は招待のツアーだったのでJALテントにお世話になりましたが、日本人ツアーのドデカイテントは違和感を感じます。

私はこういう待遇はなくてOK。

一般参加ランナーとして大会に出る方が好きです。


この日はハワイ在住の母のお友達も来てくれました。

雨さえ降らなければ広大な芝生でピクニックの方が気持ちいいですね♪

会場からホテルへ戻るウォーキングの途中で、お目当てのアサイーボウルをゲット。

ホテルでゆっくり疲労回復を図りました。

朝早いからゴール後も1日遊べるところがよいですね♪


娘はというと、これまた深夜から起こされ10km歩いて、元気いっぱい帰ってきましたが、ホテルで爆睡(笑)

子供らしいですね。

夜は地元の方々との交流パーティー。たくさんプレゼントをいただき、ワイワイ賑やかな時間を過ごしました。