親子3代でシアワセな時間

続きを読む

残念ながら

娘は東京工業大学  残念ながら合格とはなりませんでした。昨日発表でした。

東工大は2次試験の得点だけで決まります。これまで模試などでは合格ラインにいただけに、私もまだ現実が受け止められずにいます。目が覚めた今朝も、まだ夢だと信じたかったです。

理系の東大、東大・京大・に次ぐ大学、と言われる大学に、受かる可能性が高い状態までいけた娘に、母として夢を見ることができたことを幸せに思います。

娘は春から東京理科大学に進みます。

全く受験予定ではなかったけれど『仙台で受験できるらしいから申し込んでみる』と交通費・宿泊費かからないから…という理由で受けた理科大の2学部。
2月末『どれに(他の私立大合格も含めて)入学金納める?』と聞くと、『どれでも…』という返事だったので、本当にこの選択で良いのか私はまだモヤモヤしています。でも娘は入学すると心を決めています。

でも進んでみないと分からない。
5〜6年後ぐらいには、娘と私の研究がコラボして何か生み出せたら…夢は見続けようと思います。

明日は理科大の前期授業料納入締め切り。
私の重大な任務。
そして娘の18歳のバースデー。

前を向いて進みます。

これまで私達親子を温かく見守ってくださった皆様、ありがとうございました。

人生失敗から学ぶことの方が多いです。
娘にもこのステップを大きな歩みに変えてもらいたいと思います。

走るソムリエ  堤  佳子

娘の難関大 受験

25日 午前数学180分 午後英語90分

26日 午前物理120分 午後化学120分

娘の大学受験が全て終了。

 

2年前にオープンキャンパスに1人で行って、「ここに行きたい」と言った娘。理工学部では「〇大、〇大、〇〇大」と呪文のように言われる大学だったので、果たしてその学力まで到達するのかと思っていました。

 

 

しかし数学は模試で全国1位を3回取るまでに。その模試結果をこっそり見た時の私は気絶しそうでした。

 

試験本番、数学ではレジェンド入りするほどの難易度だったらしく、ツイッターは大荒れでしたので、数学勝負の娘には痛手です。

数学終了後の娘のメールには「落ちた」の一言。

私も終わった・・・と思いました。

続きを読む

周りに流されない

続きを読む

そばにいるよ

今日もドンデン返しの1日。

でもね、娘のためなら私の全ての時間と労力を捧げることができる。

 

安心して自信を持って受験できるなら。

そのためのことは何でもする。

 

そんな1日で終わりそうです。

 

走りに行くことはやめ、側にいる1日。

大学での学びの会もキャンセル。

明日娘を元気に送り出すために。(私立大受験のため上京)

 

高い所を目指す勇気を素晴らしいと思ったけど、やはりストレスは相当のようです。

受験する!と決めたことだけでもあっぱれです‼︎

(親バカです。)

 

第一志望の国立大学は無事2次試験の受験資格を得ました(センター試験の得点による)。決戦は25日・26日の2日間。

私達の春の知らせは3月中旬に きっと来ると信じて。

続きを読む

ピンチ!

9日の朝から…

朝ごはん食べた後、『ちょっと熱ある』と37℃超えの娘。昨晩から頭痛と言う。

本日も私立大学入試@仙台会場

悩みましたが、いつも通りマスクで受験。送迎。

 

この時点で私の9~11日のスケジュール大幅変更。娘のサポート100%体制へ。

試験終了後、病院へ連れて行く。

インフルではなく、風邪。

11日夕方には受験のため上京。

その週は2往復の前泊付き受験。

 

『お腹空いた〜!』と言って起きてくるかもしれない娘に備えて、ご飯やスープなど作ったのに大半が私のお腹に収まってしまった…。私も気疲れで消耗し、食べる量半端ない。

続きを読む

気持がよくわかる。この地域格差。 ≪地方出身者が東大に入学して・・・≫

思わず、最後まで真剣に読みました。

 

地方出身者が東大に入学して「絶望」 想像以上に大きい地域格差

http://news.livedoor.com/article/detail/14627657/

 

私も新潟県の小さな市で生まれ育ちました。

 

高校入試の選択は、市内にある2つの高校どちらか。

成績の半分から上はこちら。という感じでした。

 

そして高校生活は部活をして帰宅する毎日。

当時2~3年生のころ、カラオケボックスが流行り、友達と遊ぶところはカラオケ。

おしゃべりして何か食べて・・・をするなら、いわゆるジャスコ(今はイオン)風のショッピングセンターのフードコート。たまにカフェ風のところでパフェ食べる程度。

 

成績は上位の方でしたが(県内でレベルの高い高校とは言えません)、大学受験のための塾の存在は知らず。

市内にあったのかな?たぶんなかったと思います。

ただ、小学校6年生の時から英語塾には通わされていました。でも中学3年生で終了したと記憶しています。

 

とはいえ、我が家は、今となれば『進んでいて』と言えることが…。

私が小学生の時、ファミコンやその前のなんでしたっけ?手のひらサイズのゲーム。ポパイとか、オクトパスとかあった…あの手のゲームをクリスマスプレゼントにもらう前に、父親はパソコンを買ってきて、いつもゲームのプログラムを打ち込み、手作りパソコンゲームで遊ぶ私と弟でした。その点ではとても早くからパソコンを使っていました。あの頃は、なぜ初めがread と入力するのか意味すら分かりませんでしたが…。そして何かあるとゲームが止まってしまい、プログラミングを修正するという厄介な遊び時間でした。

続きを読む

濃厚2日間

アメリカのパスポート申請を終えてから。
37℃の都内。

アメリカ大使館のある所から、娘が好きな乃木坂まで近いということで、まずは乃木坂へ。

娘はスマホで乃木坂の写真を検索しては、同じスポット&同じアングルで夢中で写真を撮っていました。

乃木神社も参拝し、私は御朱印もゲット。

 

続きを読む

簡単な離乳食のご提案

4月30日(日)はウィルランズ代表の由希コーチと3本コラボ企画。

まずは午前10時から①親子ビクス×赤ちゃんとママの食育講座。

由希コーチが親子ビクスを担当し、私が赤ちゃんのための簡単離乳食のご提案と、ママのみなさんにカラダが喜ぶヘルシーランチを作ってご提供しました。

 

今回ご参加の赤ちゃんの月齢が様々だったので、どの月齢にもアレンジが効く方法をご提案しました。

続きを読む

卒業式

12日は娘の中学校の卒業式でした。

卒業式の練習の度に泣いていると聞いていましたが…
まさか入場から泣いて入ってくるとは‼︎
そしてそれを見て泣く私。
親子似るものです。
私も自分の中学校卒業式は泣いて泣いて止まらなかったです。小学校の時もよくて泣きました。
続きを読む

お誕生日だけアルバム

15歳誕生日記念ブログ 4連目

 

こちらは3月11日に撮った写真だけを挟んだアルバムです。

どの歳も2枚厳選。

20歳まで続ける予定です。

ようやく3/4が終了しました。

初めの頃は無邪気に食べる姿、遊ぶ姿が多かったですが、震災の年は(まさに震災の日)真っ暗の中防災頭巾をかぶって不安そうな顔。

 

中学生になると表情も変わってきています。

こうして成長するんだな~ととても分かりやすいアルバムになっています。

 

これは今からでも間に合いますから、ぜひみなさんも作ってみてください♪

 

 

走るソムリエ 堤 佳子

続きを読む

スクスクダイヤリー

こちらはお腹が大きくなっていた私に会いに来てくれた添乗員友達がプレゼントしてくれたもの。

3年分の日記です。

3月11日なら同じページに3段に書くフォーマットになっているので、3年の成長を見比べることができます。

 

たくさんのバリエーションがある日記で、節目の出来事を写真も貼って各ページ。

初めてできたことを記すページ。(これは本当に細かい!ささやかな動作を全て!)

これらだけでもすごい量です。

私のお気に入りはフリースペースを使って自分で記録した、娘の語録。

赤ちゃん言葉です。

私にしか分からない言葉全集(笑)

 

昨日の15歳の誕生日に振り返ってみてみたら、もう忘れちゃっていた言葉も多く・・・。

こんなこと言っていた?って感じです。

 

生意気にも英語のビデオやDVDを見ていたので、英語バージョンが多かった。

あのまま育っていれば英語ペラペラだったのかな?

 

きっと今もこういうダイヤリーは売っているのでしょうね。

ぜひ今から生まれる方は使ってみてください。

最高の思い出になります。

 

こうして3つのブログを綴っていると、お金には変えられない宝を作ることができてシアワセだなと感じました。

 

 

 

走るソムリエ 堤 佳子

続きを読む

妊娠生活ダイヤリー2

妊娠も出産もアメリカだったので、たまごクラブを読んでいるだけでは受診も出産も英語で対応できません。

妊娠10か月の各ステージごとに、どんな体の変化が起こるのかを英語で詳しく書かれているものも併用していました。

こちらも毎日書き込み式。

「このころはこんな変化があるよ」

「こんなものを食べるといいよ」

などなどたくさんの情報があります。

またドクターの説明を理解するためにも専門用語を身につけなくてはなりません。

とても役に立った1冊です。

 

日本では体重を増やさないようにという指導がされるようですが、向こうでは「太れ」「太れ」ばかり言われました。

15kgぐらいが目安って。

懐かしいな~。

 

 

走るソムリエ 堤 佳子

続きを読む

妊娠生活ダイヤリー

3月11日は娘の誕生日。
今年で15歳になります。

妊娠がわかって、とても嬉しくて、早速始めたことがありました。
画材屋さんで買った厚めのスケッチブック風のものに、毎日食べたもの3食とウォーキング。
カラダの変化などを綴る日記。

そして毎月1回、同じ日に水着になって正面と横から撮影(一人でやっていました笑)‼︎
お腹の出をよく分かるように撮って、それも貼り付けてあります。

毎日何を感じ、ヒナ(3月2日予定日だったので、ひな祭りということで、ヒナと呼んでいました)に何を話しかけて過ごしていたか…たくさん書かれています。

アメリカで妊娠生活を送っていたので、食べたものはグラノーラとかベーグルサンドとか多いですけど、住んでいたサンフランシスコのエリアはオーガニックスーパーばかりで、カフェやレストランも当たり前のようにオーガニック野菜だったりするエリアです。

続きを読む

1年間のお弁当

アルバムにしてから、もう見ることがなかった1年分のお弁当の写真。

これも食育に活かそう!とホームページ内に全てアップしました。

お弁当でわかる娘の体調、心の動き、出来事。



『美味しかった〜♡』
『これまた作って!』
は食で心を縮める最高の言葉。

『食べられなかった』
『残した』
は何かあったの?具合悪いの?
の体調や出来事を推測する手段。

『私のは野菜多いよ』
『みんなのは茶色いものが多いよ』
は冷凍食品を使わない、加工品を極力避けるスタイルが娘にも伝わっている証拠。
私流の食育。

そう思って毎日作っています。

続きを読む

味覚を変える食育はいつからでも遅くない

娘のために。

自分のために。
素材は自然のもので、使うものも少なめ。
精製されたものは避けて、全粒粉、華糀、きび砂糖、はちみつ、塩糀、岩塩などから作るおやつ。

この素朴なクッキーは娘も大好き♡
続きを読む